妊娠線ができやすい人|妊娠線が気になる妊婦さんは妊娠線予防クリームをつかってみよう

個人の体質によって妊娠線ができやすい人とそうでないがいます。

妊娠線ができやすい人

体が小さい人

体が小さい妊婦さんは体が大きい人にくらべて皮膚の面積がちいさくなりますので、その分妊娠の影響で妊娠線がでやすくなります。なるべく早い段階から予防クリームをぬるなどして出産に備えましょう。

脂肪が多めの人

皮下脂肪が多く、筋肉がすくない方は、ひとつひとつの脂肪細胞の増大によって妊娠線が出やすい傾向にあります。遺伝などによる所も多いので、自分の親や姉妹に妊娠線が出たかどうか聞いてみましょう。

皮膚が伸びにくい方

皮膚が伸びにくい人も妊娠線がでやすいようです。自分の皮膚が伸びやすいかそうでないかは自分だけではわからないと思いますので、出産に経験した人に相談してみましょう。マッサージなどを定期的におこなったほうが安心かもしれません。

体重増加が大きい

こちらも個人個人で大きくちがうところですが、体質や妊娠中の食生活によって、体重が劇的に増えるというひとは注意したほうがいいでしょう。その分皮膚が伸び縮みの影響を受け妊娠線ができやすくなります。栄養が足りないことももちろん問題ですが、栄養を摂りすぎて体重が増えすぎると赤ちゃんにも良くないので栄養管理も大事です。