妊娠線予防クリームを塗るときの注意点

予防クリームをぬるときのポイント

やさしく塗ろう

妊娠中は気持ち的にも体的にも非常にデリケートな時期になります。手のひらで円をかくようにやさしくていねいにぬってあげましょう。やさしくゆっくり塗っていけば塗り残しなども出づらいし、肌もあれなくなります。

いつ塗ればいいの

基本的に妊娠線の予防クリームは肌が乾燥するまえにかならずつけた方がよいですが、一番効果的な時間帯はお風呂上がりになります。お風呂上がりは血液の流れが良くなっているのに加え、水分もたくさん肌になじんでいるのでクリームをつけるにはより効果的な時間帯になります。

おなかだけに塗ればいいのか?

妊娠線はおなかだけでなく背中側や脚の付根、ふとももなどいろいろな場所にあらわれる可能性があります。脚の後ろ側や背中など自分では塗るのが難しい箇所は、旦那さんやご家族の方に頼んでしっかり塗ってもらいましょう。

気持ちもリラックスさせよう

自分に合った妊娠線予防クリームをお風呂上がりにやさしく時間をかけて塗ってあげることで、リラクゼーション効果も期待できます。赤ちゃんのためにも自分のからだをやさしくいたわる意識を持ち、ゆったりと気持ちに余裕のある妊娠期間にしましょう。